<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

解答解説会に行きました!

一昨日はMMC、昨日はLECの解答解説会に行ってきました。

感じたことは、講師の方の多面的な視点に触れ、自分の解答に
漏れが多いこと・解答の表現がまだまだ洗練されていないこと
等々反省点が多かったです。

MMCの解説会では、先生方の多面的で柔軟な考え方に触れ
80分という限られた時間内で如何に自分の考えが固まっていた
か痛感し、青い顔をしていたところ、
見透かされたように
N先生から「模範解答と自分の解答が違って落ち込んでいるのではないですか 
iwatosanさん この解答でないと合格できないわけではありませんよ」
と(財務特訓等にも参加し名前を覚えて頂いたのか)優しく名指しされてしまいました。


LECの解説会では
講師が自分の生解答を元に解説されてました。
各先生、ガチンコで解答を作成されていて、各先生解答にいたる道筋がしっかり
されていて、そこを見習ってなんとか自分のノウハウにしていければ良いなと思
いました。

帰宅して、かみさんにお礼を言うと、「どうだった」と聞かれ、
「うーん」と唸っていたところ、かみさんから「段々唸り声が大きくなっているね」といわれ、
2人で笑ってしましました。

LECの再現答案の添削サービスの申し込みもしましたので、これから作成して
出したいと思います。(ほとんど写すだけですが)
[PR]
by iwatosan | 2006-10-29 10:08 | 診断士次試験

やっぱりやろう!

2次が終わり、勉強から解放されたと一瞬思ったが、今年は意欲十分で
まだまだいける。(昨年の2次後は精魂つきはて本当に勉強する気にならなかった)

それと家族との時間、友達とのホームパーティ等
バランスしながらやってこう。

明日は仕事の状況とMMCで申し込み受けてもらえれば解答解説会
行ってみようと思う。

気が向いたら再現答案の思考プロセスも形に残そう。

今日読んだ本;
商品在庫管理入門 日経文庫
続80分間の真実
[PR]
by iwatosan | 2006-10-27 00:43 | 診断士次試験

開き直って3と4です。

開き直って3と4をUPします。
心の逆風のなか、なんとか作成終わりました。
作成が進むほどに
(生産)
・意味不明な文章?
(財務)
・問いに答えていない解答
・混乱して間違えたCF(珍解答)
・すっ飛んだ指標

皆が得点している財務で少し後退してしまいました。
なんとか他で挽回して合格ラインに到達してほしいです。


事例3
第1問
・拡下請化を図り、得意先の幅を広げ、生産・収益面が向上した為。
・取引先メーカーからの低コスト・短納期要請に対応した為。

第2問
Y社の要請への対応はY社への依存度が上昇し、結果①リスク分散が図れなくなり、
②稼働率低下しコスト上昇し、顧客満足が低下する。

第3問
強化する点は、①販売面で取引先数を更に増やしリスクを分散化する事と、②生産面で
コストダウン、短納期要請への対応を図ることである。理由は①、生産・収益両面で更に
効率が向上するとともに、②部品メーカーの求める要望に対応し顧客満足が増すから
である。

第4問
技術開発に必要な資金面・設備面・人材面に関する情報をC社からヒアリングし、必要な
研究開発体制構築方法についてアドバイスする。メーカーから詳しい人材派遣を受け、
人・物・金が十分に無い時は公設試験研究機関の利用も視野にいれアドバイスしていく。

第5問
生産の平準化と小口輸送に向け、①平準化の為に、工程の余力情報、空きライン情報を
収集しラインバランシングに配慮するとともに、②小口輸送のために受注書と残情報、得
意先と自社工場間の搬送時間、搬送コストデータを収集し管理するシステムとする。


事例4
第1問
・棚卸資産回転率 17.23回
 顧客層の違いにより店舗毎に商品を変えず、資産効率悪化する。原因は、売れ筋分析
 せず、社長の独断で品揃えが決まっている為。

・売上高総利益率 28.08%
 仕入管理が悪く、死に筋商品が増加した結果、商品廃棄損が増え収益性低下する。
 原因は店長の仕入管理が成行きで行われる為。

・固定資産回転率 6.99回
 多店舗展開した店舗が顧客ニーズに対応できず資産効率悪い。原因は人口構成が
 高齢化したことと全ての店舗で画一的な品揃えの為。

第2問
営業CF -2
投資CF  0
財務CF  1

D社は営業CFが減価償却の内部金融効果があるがマイナスで悪く、FCFもマイナスで
悪い状態で、借入れで補っている。

第3問
限界→貢献の順で
駅 前 26.66% -1.57%
住宅街 33.65% 11.11%
ロードサイド 34.18% 22.78%

ロードサイドの店舗タイプに集中投資すべきである。理由は貢献利益率が最大で大都市に
至る幹線道路沿いで交通量も多い為である。

第4問
住宅街店舗1店舗+ロードサイド店舗2店舗を組み合わせて増加させる。理由はキャッシュ
フローが18百万円で最大である為である。

第5問
(設問1)
POSシステムで売れ筋・死に筋分析行い、①仕入管理として売れ筋商品中心に仕入、
②在庫管理は死に筋を処分することで行う。

(設問2)
効果的な商品の入れ替えのために、POSシステムの店舗別・季節別の販売データを用い、
顧客ニーズ高い商品を中心に発注する。


とりあえず再現答案作成が終わりましたので一段落です。こんな感じなので
あまり期待しないで、この答案LECの答案添削に出してみようと思います。
(昨年は再現してみたものの怖くて出す気にもなれなかった)
昨年はブロガーの方の再現答案を見てるだけの立場でしたが、今年は恩返しが
少しだけでもできたのかもしれないと思います。
あとはこの答案で運良く合格してくれないかなーーーー(どうだろう?)

これからは発表まで気の向くままに不定期にUPします。(今までもそうですが)
[PR]
by iwatosan | 2006-10-25 00:30 | 診断士次試験

とりあえず1と2です。

とりあえず、公開してる皆さんに勇気をもらって勢いで掲載してみました。
現実性の無い部分が多く反省してます。特にⅠの第3問ー2とⅡの第4問・・・・

事例1
第1問
(設問1)

子会社としての強みは、親会社のバックアップが受けられることである。
①人材面で転籍や出向が受けられること、②販売面で取引先の紹介や、
親会社自身が取引先になること、③資金面で増資や借入れを実施してく
れる事である。


子会社の弱みは、親会社の動向に影響を受けやすいことである。①人事面
で役員に親会社出身者を強要されること、②制度面で、親会社の制度を基
に作成されることがあり、③親会社の企業文化に影響を受けることが考えら
れる。

第2問
(設問1)
A社は海外市場の拡大と廉価品の輸入への対応のため海外進出し、①海外
の現地日本法人との取引を始めるとともに、②その法人との日本での取引に
繫げて、売上向上を目指していく。

(設問2)
親会社の事業の絞込みや営業拠点の整理統合に対し、①A社が今後進出する
分野で成長が期待できる事業があれば、営業譲渡を受け、②今後展開する場所
の拠点を譲り受けることが考えられる。

第3問
(設問1)
A社組織は商品別と地域別組織が混在しており、権限の委譲も進んでいないと
思われ、変化の激しい技術変化・取引先メーカーの生産動向に迅速に対応する
ことが難しいことがデメリットとして考えられる。

(設問2)
A社組織は事業部制に移行していくべきである。具体的には急速な技術変化と
取引先メーカーの技術動向、生産動向に迅速に対応するため、ファインケミカル等、
海外事業、委託製造部門を中心に事業部化していく。

第4問
再雇用制度がもたらすデメリットは①再雇用された高齢者のポストが空かず、
若年層の育成が遅れること、②再雇用者が既存の企業の考え方を持ち続け企業文化
が刷新できないことで人材育成と企業文化面でデメリットがある。

事例2
第1問
・サービス面で1クラス12名以下にし、きめ細かな対応ができること
・人材面で全国大会でも優秀な成績を収めるインストラクターの存在。
・事業所が3面の屋内コートで最寄り駅徒歩5分に立地すること。
・価格面で他の大手テニススクールより若干高く設定していること。

第2問
B社は①コート稼働率向上のためレンタルコートの提供と振替受講制度を実施するとともに、
②平日稼働率を向上するため母親と小中学生用のサービスを実施している。

第3問

・受験難関校に通う学生中心のアルバイトを塾講師として活用すること。
・ミーティングルームを塾の教室として活用すること。
・自習室をそのまま活用すること。

・口コミが起きるB社顧客同士の間にあるネットワーク
・受講生と従業員の信頼関係によるロイヤリティの存在
・レベル別に決め細かく対応できるサービスの存在

第4問
・一つの場所でテニスと学習のレッスンを受けられる場所的効率性
・テニスと学習両方のレッスンし、状況把握し細かな対応ができる事。
・受講生の親同士で子供の進学問題情報の交換が行えること。

第5問
B社新事業として託児所事業が考えられる。具体的には、事業所にある。託児ルームを
使用し、テニス経験がないアルバイトに保育士の資格取得を行わせ、子供を持つスクー
ル生に対応していく。

次回は本当にやばい事例3と4です。
[PR]
by iwatosan | 2006-10-24 06:54 | 診断士次試験

作成中です。

事例3まで再現答案作成が終わりましたが、暴風雨のなか風に逆らって
前に進むような気持ちになってます。
やればやるほど、ボロがでてきて苦しくなってきます。
しかし、これが今の実力、受け止めるしかないですね。

再現答案は落ち着いたらアップするかどうか考えます。
[PR]
by iwatosan | 2006-10-24 00:09 | 診断士次試験

昨年と比べて

2次試験を受験してきました。なんとか全ての解答欄を記入してきました。

昨年と比べて落ち着いて受験できたと思います。

事例Ⅰでは珍しくタイムマネジメントを誤り、残り10分で2問未記入という状態で
一瞬意識が飛びそうになりましたが、なんとか持ち直し(解答があってるかどうか別として)
なんとか解答欄を埋めることができました。最後は答案構成は2の次になってました。


事例Ⅱでは「あげよ」という設問に述べよで答えた箇所が1問(3箇所)ありました。

事例Ⅲはなんとか時間的には余裕があり、答案構成含め自分の答案は書けました。

事例Ⅳは比較的簡単だと思いましたが、帰りにTBCで一緒だった仲間と話していたら
特別利益のCF計算書上の扱いで意見が割れました。(私は営業CFに入れました)
あってるかどうか分かりません。

出来について自信はありませんが・・・・・・・・

とりあえず、4事例終わったあと昨年と比べ①格段に落ち着いていたこと、②できること
はやったのと、③あきらめずにできたのと、④財務が最後まで飛ばずに落ち着いて解答
できたこと、自分としては4つも大きな収穫がありました。

自分なりのナイスファイトだったと思います。

あとは、筆記試験なんとか合格し口述に進めればと思います。
再現答案はこれから作成します。

受験されたかたお疲れ様でした。
[PR]
by iwatosan | 2006-10-22 22:17 | 診断士次試験

無心で臨みたいと思います。

人間万事塞翁が馬でいくよ! iwatosan


いよいよ本番が迫ってきました。
再戦を期し,TBCの門をくぐってから早いもので9ヶ月が
経ちました。
其の間、職場が変わったり色々あったけど本当にあっというま
でした。
今まで支えてもらいながら、仕事・家庭・勉強となんとかバランス
してやってこられました。

やれることはやった。そう思って、あとは無心で事例と向き合いたいと
思います。

ブロガーの皆さんの記事に私のモチベーションも引っ張られて
きましたのでお礼を言って本番後までブログ書き込みをひとまず
止めます。

皆さんどうもありがとうございます。本番はお互いにがんばりましょう。
これからもよろしくです。


















(本番前の気付き;私だけのものかもしれず恥ずかしいので下に書きます・・・・・・・)
・過去問の設問は何故曖昧なのか→・多面的に答えられるようにわざと、視点や課題を明示
                       していない、もしくは分かりにくくしている。
                     例;人的資源管理・・・採用・募集・賃金・教育
                       組織的要因・・・組織文化・組織風土・組織構造

                       ・ドメイン等方向性を捉えているかを計るため
                        あえて曖昧にしている。→捉えていれば見える。
[PR]
by iwatosan | 2006-10-20 19:45 | 診断士次試験

あと3日ですね。

いよいよあと3日です。

・当日の持参物のチェック
・写真の撮影
・知識、ノウハウの確認
・体調の維持
最後まで気を抜かずにやろうと思います。

今日・明日は有休を頂いておりますので
昨年と1昨年の過去問を問題趣旨元に復習と
財務の最終確認に重点をおいて勉強しようと思
います。
カードの回転もあわせてできればと思っています。
[PR]
by iwatosan | 2006-10-19 07:43 | 診断士次試験

受験票がきました

受験票が到着しました。500番代と比較的早い番号でした。

刻々と時間は過ぎ、試験までいよいよ1週間ですが、昨日は仕事で
1日出てました。試験前痛い部分ではありましたが、直前は
遅い夏休みを頂いたので、今日とそこで仕上げといこうと思います。
(前日の土曜日は午前中娘の幼稚園最後の運動会に出ますが)

今は「知識」と「与件への対応力」を研ぎ澄ます毎日です。今年の
模試はこのバランスを欠いていたという反省があり、本試験には
両者の程よいバランスを維持し、

与件に忠実に、的確な知識を用い、設問に対応した言葉で記述し
合格答案を作成しようと思います。


そのためには、文章力ももちろんチェックが必要ですので
切り口明示・因果の徹底を自分で納得できるところまで調整しチェック
したいと思います。

自分の合格答案作成の「留意点」はそこにあるなと思っている次第
です。
[PR]
by iwatosan | 2006-10-15 06:31 | 診断士次試験

資源の蓄積とメンテナンス

2次試験まであと1週間強になりました。
本試験で普段の自分の力を出せるよう、この2年間
蓄積してきた資源(知識・ノウハウ)の確認をしています。

結構うる覚え化してきてることもありますが、現在
カード回転・答練復習・過去問と、自分のなかに深く蓄積された
資源を本番で引き出せるよう最終メンテナンス中です。

皆がんばりましょう。
[PR]
by iwatosan | 2006-10-12 22:35 | 診断士次試験