<   2006年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

動機づけ要因でモチベーションアップ!

 動機づけ要因が満たされモチベーションが上がっている。仕事そのものが楽しい、達成感があり、仕事そのものを任せられることによりモチベーションが上がる。
 現在の仕事は、総務・法務・人事・労務・安全衛生・福利厚生と幅広く、規程の策定から会社主催パーティーの事務局まで幅広く、経験が広がることが楽しい。
 会社の第2の立ち上げ期の中で、私も流れにのって適当に楽しもうと思っている。
 昨日は仕事終了後、残業中の同僚4~5人で職場内で飲んだ。(良いのか!)日頃の鬱憤をみなで共有し、楽しかった。
 今日はTBC組織事例だ。頑張ろうと思う。
[PR]
by iwatosan | 2006-05-13 01:38 | 会社

前向きとは?

 「前向き」とは?
 「臭いものに蓋」と「前向き」の境目とは?

 微妙だ。

 悪い情報を耳にいれると怒る人がいる。
 曰く「そんなことはない!」。
 
 悪い情報を言った人も、もしかしたら後ろ向きな発言をしているのかもしれない。
 しかし、耳に入る悪い情報を否定していると、誰も本音・自分の意見を言わなくなって来る。
 結果、芽を出したリスクが育ち、気付いた時には手遅れになってしまうこともあるだろう。

 悪い情報も受け止めつつ、状況を前向きに捉えられればうまくいくのかもしれないと思う今日この頃だ。

 

 

 
[PR]
by iwatosan | 2006-05-11 23:07 | 会社

マーチャンダイジングの知識

 今日の読書本である。
 先々週のTBC鳥島先生の授業で 故田島 義博先生の話をされていたので、早速その日の帰りに東京駅そばの丸善で買った本である。
 答練の復習で買った本を行き・帰りの電車の中で眺めていたら、繰り返し出てきた印象に残った言葉をピックアップする。

・客単価の向上
・関連購買
・ニーズ別横割り
・ライフスタイル別商品構成
・物別縦割り
・非計画購買
・消費者価値最大化
[PR]
by iwatosan | 2006-05-10 23:28 | 診断士次試験

定款変更

 今、会社の定款変更作業をやっている。といっても、親会社からの統制があり、機関の基本設計は自社でできないので、私が行う作業は、新会社法での用語変更に伴う微修正など一部だが、それでも勉強になる。
 「取締役解任の決議要件の変更」・「株券不発行の原則への変更」・「取締役会を置かない会社での総会招集期間の短縮」など、前の商法と逆の内容のものまである。
 時代の流れが反映しているとはいえ、本当に大きな変更となっているようだ。
 私も新会社法は未だ勉強中だが、内容を掴み診断士になった時に役立てられるよう今の仕事に取り組もうと思う。
 
[PR]
by iwatosan | 2006-05-10 00:21 | 会社

今日(昨日)の勉強

 昨日は朝・晩の通勤時間のカードの回転だった。
 今週末にTBCで2回目の組織事例演習があるので、それに向けて進めている。
何度も見返す中で、段々と知識の定着化が進んでいると感じる。
 また、ネット上で2006年度版中小企業白書を読み始めた(眺め始めたが正しい表現かもしれない)、昨年2次試験受験後に2005年版白書を読んで、2次試験前に読んでおけばよかったと後悔したので、今年は後悔しないようによく読んで要点を身につけていこうと思う。TBCの「2006年版白書徹底攻略」をDVD受講するか検討中である。
[PR]
by iwatosan | 2006-05-09 00:28 | 診断士次試験

木賊温泉と会津

f0042908_194513.jpg

家族と友達家族総勢十二名で福島県の木賊(とくさ)温泉と会津に行って来ました。残雪が残る自然や温泉、それに民宿のおいしい料理に癒されました。(写真は会津若松駅で遭遇したSLです)
家族も喜んでくれました。
また、仕事と勉強に邁進しようと思います。
[PR]
by iwatosan | 2006-05-07 19:04 | その他

タイヤ交換

 今日は朝一から1時ごろまで図書館で勉強し、その後タイヤ交換に行きました。
 勉強は、①「ドメインの再定義」(2事例)と、②TBC配付財務会計レジュメ(2回転目突入)という中味で行いました。
 ドメインの再定義は、TBCのグループワークで教室の仲間と行っていますが、私には中々難しく、視野が狭くなりがちで、的確な問題点抽出ができないことに改めて気付かされました。広く視野を保ち、経営方針・ビジョンを含めた全体性の中で検討することが重要だと分かりました。夜にH17組織事例でトライしましたが、近視眼的な捉え方に陥りがちなので修正が必要だと分かりました。
 財務レジュメは2回転目ですが、、うっかりすると見落としがちな点をうまく織り込んだ良問ぞろいで、繰り返して自分の血肉にしていこうと思います。

 明日から家族旅行です。長距離ドライブになるので、近所で車を点検してもらったところ、タイヤの劣化が激しい(私が見てもひびが何箇所にもありました)ので交換しました。点検してもらってよかった

 旅行中の勉強は朝早起きして財務レジュメと今まで作りためた「組織カード」の回転をやろうと思っています。
 
[PR]
by iwatosan | 2006-05-04 21:31 | その他

GW中は・・・・

 昨日は仕事で、今日は図書館で勉強してました。内容は引続き答練の復習です。
 テーマは「設問と模範解答の対応関係に学ぶ」でした。
 
 設問と解答をどう対応させれば高得点が臨めるのか、を理解するために自分の解答も合わせて確認しながら復習しました。

(今日の気付き)
①切口を明確にするとは?
 今まで切口とはどういう意味かよくわかりませんでしたが、今日の復習で少し掴めたように思いました。
 たとえば「収益の低下する要因は?」という問いなら、「売上」と「費用」を切り口にするなどです。      

②終わりを問いに対応させると分かりやすい場合がある。
 問い;売上が低下した内部的要因を100字で説明せよ。
                 ↓
 答え;○○のため売上が低下した。

 とすると分かりやすいなどです。

 毎日歩みは遅いですが、少しずつ進んでいます。

 ところで、GWの予定は、ずっと勉強するといいたいところですが、明日は勉強、明後日から3日間の旅行にいきます。場所は福島方面の山奥深い温泉です。日頃から勉強に協力してくれている家族と楽しんでこようと思います。(車で聞けるように昨年のTACの講義テープを持っていこうかと思っていますが)
 勉強は一時中断ですが、連休明けからまた元気で暮らせるように英気を養ってきたいと思います
 
[PR]
by iwatosan | 2006-05-03 20:02 | 診断士次試験

溝を埋める

 昨日は図書館で勉強でした。
 内容はTBCの答練の復習です。
組織とマーケティングの事例を再度読み込み、自分の答案の振り返り、模範解答の写経、事例中の知識のカード化、(参考文献の読み込み含む)という流れで朝からやってました。
 
 その中での気付きは「溝を埋める」ことの重要性でした。
 
 具体的には、実際の答練の後、模範解答を見直した時、自分の中では模解と同じ事を書いたつもりになり、得点が伸びるだろうと思っているが、蓋を開けてみると得点が伸びない。つまり、採点者と自分の答案にある溝を埋めることです。

 TBCの組織答練では模範解答に近い解答を書いたつもりなのに結果は得点が伸びない。
 マーケ事例は解答内容の方向性がそもそも違っている部分もあり、組織とは違いましたが、解答の書き方への指摘には同じような箇所がありました。

(採点者のコメント)
【組織】
・解答自体は間違っていないと思います。但しこの表現では・・・・印象を受けます。(キーワード)
・結論先行型にするともっと得点が伸びます。(×2箇所)
・方向性は悪くないのですが、ここでは抵抗・混乱・対立の視点が求められている。(キーワードがない)→ここは得点が0点でした。

【マーケティング】
・「顧客の買物コストの削減」という面で捉えてください。
・「無料配送サービスを導入する」という結論をまず記述してください。
・この部分は不要です。(不要なことを書いている)

(採点者コメントまとめ)
・結論先行型解答になってない。(×3箇所)
・キーワードがうまく使えていない。(×3箇所)
・不要なことを書いている。(×1箇所)

 まとめてみるとなーーんだと思うような内容です。予備校の講師の方や合格体験記等から得られそうな内容です。
 
 しかし、それを今まで自分のこととして感じとれていなかったことが最大の問題だったのだと思います。自分ではできているつもりになっているが、採点者には分からない。そこにある溝を埋める手段が結論先行であったり、キーワードの使用なのだなと気付きました。

※今日は休みだが、図書館が休館なので家で勉強です。

 
 
[PR]
by iwatosan | 2006-05-01 10:38 | 診断士次試験