カテゴリ:家族( 4 )

心の支えと別れ

毎日生きていく中で、気がつかないけど自分を支えてくれている
人がいる。
亡くなって初めて気がつくことがある。

昨日祖母が亡くなった。
私にとっては私の長所を認めて面と向かって褒めてくれる唯一の
身内だったのではないかと思う。
祖母はよく「あなたは子どものころから、本当に優しくて、おばあちゃんに
いつも優しくしてくれて、手紙もたくさんくれたわよね。」と会う度に言って
くれた。

親からもあまり褒められて育たなかった私には其の言葉が凄く嬉しかった。
会うたびに祖母が私のことをそういう人間だと思ってくれていることが私の心を
暖かくさせてくれた。それが自分の生きる原動力の一部になっていたんだと思う。

昨日、休日出勤の帰途、妻から祖母の死の知らせを電話で受け取ってから、
じわじわとこみ上げてくるものがあり、珍しく涙が止まらない。
心の支えってこういうことを言うのだなと気が付いた。

これから祖母の家に行ってお別れしてくる。
私は祖母のようにおおらかでも愛情深くもないけど、家族をはじめ誰かの心の支え
でいられたらなと思う。そういう人間になりたい。
[PR]
by iwatosan | 2007-03-04 09:41 | 家族

馬しかいない動物園

そういえば、先日
2歳の息子を競馬場に連れて行ってパドックを2人で見ていると、
「とーしゃん。きりんしゃんも、ぞうしゃんもいない、おうましゃんしかいないよ」
と言っていたのを思い出してしまった。会社の競馬好きの先輩2人に話したら
大笑いになった。
そのとき息子には「おうましゃんしかいない動物園もあるんだよ」といったけど、息子は
分かっているのだろうか?
[PR]
by iwatosan | 2006-11-21 10:57 | 家族

筆記試験終了後の約束①

今日は、休日出勤の代休を利用し、家族と筆記試験終了後に約束をしていた
ディズニーランドに行ってきました。

家を朝6:00に出発し、朝8:30の開門から夜8:30まで12時間いました。
6歳と2歳の子供達もところどころ疲れを覘かせながらも、最後までねばり、
家族一同楽しい時間を過ごしました。

ディズニーランドもすでにクリスマスムード一色で、あらゆるアトラクションやパレード
でメリー・クリスマスの歌を一日中聞いていたような気がします。

駐車場までの帰り道、6歳の娘に感想を聞くと、「嬉しかったし、可愛かったし、怖かったし
楽しかった」と自分の感情を表現していました。

それを聞いて、この1年間自分中心の生活を続けてきた不良親父のもと、かみさんの子育て
がよい為か、着々と子供の心が育っていることを感じられ凄く嬉しかったです。
(ほんとうにかみさんに感謝)

種々の経験の中で感情を育て色々なことを感じられる人間になってほしいなと、
自分自身には課題があるにも関わらず思いました。

子育ても自分育てもなんとかなるさーーーでいこうかなと思います。


f0042908_2301081.jpg

[PR]
by iwatosan | 2006-11-17 22:52 | 家族

丸刈りのまるこめ君

 今日は朝7:30に家を出て、葛西のMMCに行き、先週の模試の返却を受け、そのあと水道橋のTBCに行き、マーケティングの答練を受けてさっき帰ってきました。
 帰ったらちょうど9時頃でしたが、もうすぐ2歳になる息子がかみさんに散髪されて朝見送ってくれた時とは一変し、「丸刈りのまるこめ君」になっていました。平日は仕事で家族が寝静まったあと帰宅し、休日は勉強で中々構ってやれない父親ですが、娘と息子は私の帰りをとても喜んでくれ、まだ家族に見捨てられてない?ことを再確認しました。
 MMCとTBCの感想は明日以降書こうと思います。
[PR]
by iwatosan | 2006-05-27 21:40 | 家族