2007年 09月 15日 ( 1 )

印象に残った言葉と先週やったこと

「人はそうなろうと思ったときが、そうなった時だ」
「医者を志した時、その人はもう小さい医者になったのだ。ナースを志した
時、その人はもう小さいナースになったのだ。」
「いつもその時その時に、自然から与えられる見えない風といかに調和し、
与えられた環境でいかにベストをつくすか」
(ガンに生かされて 飯島 夏樹著 新潮社文庫p62~63)から

昨日、この本を読んだ。今その半生が映画化され全国で上映中の
世界的ウインドサーファーの飯島 夏樹さんがガンと向き合って
書いた本だ。

全体としては末期ガンのなか最期までひたむきに生きていこうとする姿に
凄く感動し、自分のちっぽけな悩みが馬鹿らしく感じるほど叱咤・激励され
たように感じた。

その言葉のなかで特に私の心に残った言葉が上の言葉だ。
自分も今診断士になりたいと思っているが、そんな自分が必ず診断士に
なれるような気がした。

また、今の自分の環境の全ては「見えない風」なんだなと思った。その風
を心で感じ調和していけばいいんだと前向きになれた。

凄く感じ入るところがあったので思わずブログに書いてしまった。

先週は10日(月)に2次試験申し込みとMMC模試申し込みを済ませ、
昨日LEC裏模試のDVD通信を申し込んだ。
本試験まではこれで打ち止めで、繰り返し過去問等に取り組む予定だ。

あとは毎日事例1問取組みと2次に向けての自分のノウハウを改めて
ノート化しているところだ。自分の中に眠るノウハウの「見える化」で思いの
ほか自分が2次の勉強で色んなことを蓄積できていることに気が付いた。
2次試験当日に今までの蓄積を全て発揮できるよう進めたいと思う。
[PR]
by iwatosan | 2007-09-15 14:27 | 診断士次試験