2007年 03月 04日 ( 1 )

心の支えと別れ

毎日生きていく中で、気がつかないけど自分を支えてくれている
人がいる。
亡くなって初めて気がつくことがある。

昨日祖母が亡くなった。
私にとっては私の長所を認めて面と向かって褒めてくれる唯一の
身内だったのではないかと思う。
祖母はよく「あなたは子どものころから、本当に優しくて、おばあちゃんに
いつも優しくしてくれて、手紙もたくさんくれたわよね。」と会う度に言って
くれた。

親からもあまり褒められて育たなかった私には其の言葉が凄く嬉しかった。
会うたびに祖母が私のことをそういう人間だと思ってくれていることが私の心を
暖かくさせてくれた。それが自分の生きる原動力の一部になっていたんだと思う。

昨日、休日出勤の帰途、妻から祖母の死の知らせを電話で受け取ってから、
じわじわとこみ上げてくるものがあり、珍しく涙が止まらない。
心の支えってこういうことを言うのだなと気が付いた。

これから祖母の家に行ってお別れしてくる。
私は祖母のようにおおらかでも愛情深くもないけど、家族をはじめ誰かの心の支え
でいられたらなと思う。そういう人間になりたい。
[PR]
by iwatosan | 2007-03-04 09:41 | 家族