来年に向けての決意

人を育てるもの、それは何か?

そう聞かれたら・・・・・

はたしてなんだろうと考えて、今までは
軸がぶれていたが、
最近自分のなかで明確になってきた。

人を育てるもの、それは人ひいては

人が醸し出し・創り出す「場」

これが人を育てるというのが自分のなかでの結論だ。
当たり前だが、最近深くそう思う。

自分が目指す方向、その方向に進むなかで
同じ方向に進む人に触れ、その場のなかで「何か」を感得していくことが
自分をその方向に育てていくということができると深く感じる。

朱に交われば赤くなるというのは悪い意味の言葉だが、
良い意味でも同じことが言える。

診断士試験に合格して最初の今年1年間は、自分を深く深く見つけなおす年になったが、
そのなかで自分を省みて多くの気付きがあり、1年で大きく変われたことが自分でよく分かる。
それに費やした時間が多く、他の合格者のように最初からバリバリと活動をせず、
自分のペースで進んできた。

しかし、短時間の活動のなかでも自分の進む方向を見、そちらに向かう仲間と知り合い
・考え方に触れることで自分の夢が育つことを感じている。

今年は「静」の年だったが
来年は「動」の年にしようと思う。

手始めに、協会にも加入しようと思う。
着実な歩みを進めようと思う。
[PR]
by iwatosan | 2008-12-21 22:09
雑感 何をしていても大切なこと >>