シェアード化

自社の給与システムの構築及びシェアード化を進めている。
他の仕事もやりながら、情報収集・給与制度構築・評価制度構築実施
に続いてやっとここまできた。

委託先のシステム会社の女性社員さんから、凄い作業と覚えが
早くてビックリと言われ、見た目と仕事の速さのギャップに驚かれ
嬉しいような悲しいような気分です。
(そんなに仕事できなそうかな)
診断士の勉強が色々と役立っているんだろうな!

 当初社員数が少ないとエクセルベースでできていたことが
段々、限界点に近づいていたので、親会社でのシェアード化は
良いタイミングで実施できそうだ。

シェアード化は親会社等による共通システムを利用した事務部門の
集約化であるが、子会社でも人的資源に限りがある場合、本当に
安定的な業務品質確保ができ、サービスレベルが上がるので
素晴らしいなと感じる。
また、単純作業が減り戦略業務にシフトできる。

シェアード化のメリットを肌で感じる最近である。
[PR]
by iwatosan | 2008-01-12 00:00 | 会社
<< 合格体験談をしてきました。 パネ! >>