とりあえず1と2です。

とりあえず、公開してる皆さんに勇気をもらって勢いで掲載してみました。
現実性の無い部分が多く反省してます。特にⅠの第3問ー2とⅡの第4問・・・・

事例1
第1問
(設問1)

子会社としての強みは、親会社のバックアップが受けられることである。
①人材面で転籍や出向が受けられること、②販売面で取引先の紹介や、
親会社自身が取引先になること、③資金面で増資や借入れを実施してく
れる事である。


子会社の弱みは、親会社の動向に影響を受けやすいことである。①人事面
で役員に親会社出身者を強要されること、②制度面で、親会社の制度を基
に作成されることがあり、③親会社の企業文化に影響を受けることが考えら
れる。

第2問
(設問1)
A社は海外市場の拡大と廉価品の輸入への対応のため海外進出し、①海外
の現地日本法人との取引を始めるとともに、②その法人との日本での取引に
繫げて、売上向上を目指していく。

(設問2)
親会社の事業の絞込みや営業拠点の整理統合に対し、①A社が今後進出する
分野で成長が期待できる事業があれば、営業譲渡を受け、②今後展開する場所
の拠点を譲り受けることが考えられる。

第3問
(設問1)
A社組織は商品別と地域別組織が混在しており、権限の委譲も進んでいないと
思われ、変化の激しい技術変化・取引先メーカーの生産動向に迅速に対応する
ことが難しいことがデメリットとして考えられる。

(設問2)
A社組織は事業部制に移行していくべきである。具体的には急速な技術変化と
取引先メーカーの技術動向、生産動向に迅速に対応するため、ファインケミカル等、
海外事業、委託製造部門を中心に事業部化していく。

第4問
再雇用制度がもたらすデメリットは①再雇用された高齢者のポストが空かず、
若年層の育成が遅れること、②再雇用者が既存の企業の考え方を持ち続け企業文化
が刷新できないことで人材育成と企業文化面でデメリットがある。

事例2
第1問
・サービス面で1クラス12名以下にし、きめ細かな対応ができること
・人材面で全国大会でも優秀な成績を収めるインストラクターの存在。
・事業所が3面の屋内コートで最寄り駅徒歩5分に立地すること。
・価格面で他の大手テニススクールより若干高く設定していること。

第2問
B社は①コート稼働率向上のためレンタルコートの提供と振替受講制度を実施するとともに、
②平日稼働率を向上するため母親と小中学生用のサービスを実施している。

第3問

・受験難関校に通う学生中心のアルバイトを塾講師として活用すること。
・ミーティングルームを塾の教室として活用すること。
・自習室をそのまま活用すること。

・口コミが起きるB社顧客同士の間にあるネットワーク
・受講生と従業員の信頼関係によるロイヤリティの存在
・レベル別に決め細かく対応できるサービスの存在

第4問
・一つの場所でテニスと学習のレッスンを受けられる場所的効率性
・テニスと学習両方のレッスンし、状況把握し細かな対応ができる事。
・受講生の親同士で子供の進学問題情報の交換が行えること。

第5問
B社新事業として託児所事業が考えられる。具体的には、事業所にある。託児ルームを
使用し、テニス経験がないアルバイトに保育士の資格取得を行わせ、子供を持つスクー
ル生に対応していく。

次回は本当にやばい事例3と4です。
[PR]
by iwatosan | 2006-10-24 06:54 | 診断士次試験
<< 開き直って3と4です。 作成中です。 >>