一番人気はいらない。一着が欲しい。

 97年のダービー馬 サニーブライアン騎乗の大西騎手が言った言葉である。
 今週は競馬の祭典、ダービーがある。毎年この時期になると思い出す言葉が冒頭の言葉である。大西騎手の優勝という目標への意欲が強く感じられる。

 今日は珍しく会社と診断士以外のねただ。

 サニーブライアンは牡馬3冠レース初戦の皐月賞を11番人気という低評価で逃げ切り勝ちをおさめた。続くダービーでも6番人気と必ずしも評価は高くなかった。大西騎手はダービーのレース前に「一番人気はいらない。一着が欲しい。」と言って騎乗した。サニーブライアンは発走と同時に皐月賞と同じ逃げ戦法を打った。最後の直線に向かって一旦他馬に近よられるも、2の脚で他の馬を引き離しそのまま1着でゴールした。

 何を隠そう私は競馬が好きだ。しかし、診断士の勉強を始めてから、気が付いたら、ほとんど馬券を買わなくなってしまった。
 診断士の勉強が楽しいこと・目標への気持ちが自然と自分の行動を変えてきたのだろう。
 私も大西騎手に負けない気持ちで診断士合格という目標目指して進もうと思う。
[PR]
by iwatosan | 2006-05-25 00:54 | その他
<< 丸刈りのまるこめ君 2つの心と選択 >>