タックスシールドと非資金費用

 今日は会社からの帰路、ずっと非資金費用とキャッシュフロー、非資金費用とタックスシールドの関係について考えていた。
 1昨年10月から診断士の勉強を始めたが、未だよく理解できていないところだ。家に帰り着いてから悶々とした気持ちが消えないので、 昨年TACで受講したファイナンスマスターゼミの教材を久しぶりに開いてみたところ、
 
「減価償却費は、それ自体には現金の支出がともなわないため、キャッシュフローで計算する設備投資の意思決定計算には計上されないが、会計上の損益計算においては、この減価償却費も費用計上され、その分だけ税引前当期純利益が減少する。法人税は会計上の当期純利益を基礎に計算されるため、減価償却費を考慮しない場合と比較すると法人税の支払額が減少し、同額だけ税引後純現金流入額は増加する結果となる。」(2005年合格目標 TACファイナンスマスターゼミレジュメから引用)

 とあった。

 タックスシールドと非資金費用の関係はこの文章で集約されていると感じる。自分の中に浸透するようしばらく呪文のように唱えようか?とも思う今日この頃である。

※今度TBCで受講生仲間に聞いてみよう。(1月土曜クラスの方よろしくお願いします)

※MMC第2回模試(5月20日実施分)申し込みました。頑張ロ!

 
 
[PR]
by iwatosan | 2006-04-26 01:02 | 診断士次試験
<< 声なき声 財務中心! >>